保湿 おすすめ 化粧品

保湿でおすすめできる化粧品は?

画像1

保湿でおすすめできる化粧品はクチコミ評価点数5.5以上かなと思います。

 

5.5以上ですと独自の製法や成分へのこだわりが感じられます。

 

正直、値段の高いものはその分、良い製品だと実感しました。

 

乾燥肌の方は、肌の表面も保護してくれる化粧品、

 

敏感肌の方は、浸透に力を入れている化粧品をおすすめします。

保湿化粧品クチコミ評価ランキング

※大手通販サイトのクチコミ評価を参照
  商品名
(タイプ)
クチコミ
評価
定期購入価格
(解約・継続条件など)
容量 主要成分
その他成分
詳細
珠肌のうみつクリーム 珠肌のうみつクリーム
(クリーム)
6.3 7,000円(税別)
送料無料
(3回の継続)
30g
1ヶ月分
LOX卵殻膜
3種のペプチド
卵白ペプチド
2種のコラーゲン
3種のセラミド
3種の植物成分
シアバター
エラスチン
アスタキサンチン
詳細
ロベクチンプレミアムクリーム ロベクチンプレミアムクリーム
(クリーム)
6.2 10,800円(税込)
送料無料
(3回の継続)
100ml
1ヶ月分
アーモンドオイル
ヒマワリ種子油
シアバター
アスタキサンチン
セラミド
ヒアルロン酸
アポガド油
アラントイン
サフサワー油
アロエベラ
ナイアシンアミド
トコフェロール
ヒマシ油
ダイズステロール
リノール酸
リン脂質
詳細
モイスチャージェルコンプリートマスク モイスチャージェルコンプリートマスク
(ジェル)
5.9 3,984円(税込)
送料無料
(10日前まで)
50g
1ヶ月分
サクラン
スクワラン
グルコシルセラミド
アロエベラ葉エキス
桃の葉エキス
カニナバラ果実油
オリーブオイル
オクラ果実エキス
詳細
リポコラージュラメラエッセンス C リポコラージュラメラエッセンス C
(美容液)
5.7 5,700円(税別)
送料無料
(10日前まで)
9.8ml
1ヶ月分
フェース生コラーゲン
リン脂質
ヒアルロン酸
エラスチン
ビタミンC
詳細
葡萄樹液ジェル 葡萄樹液ジェル
(ジェル)
5.7 4,340円(税込)
送料無料
(いつでも解約可)
120ml
2ヶ月分
葡萄樹液 詳細
ファムズベビー※子供用 ファムズベビー※子供用
(泡)
5.7 2,592円(税込)
送料別
(都度買い)
85g
1ヶ月分
肌の保護 詳細
ホメオバウワンリッチゲル ホメオバウワンリッチゲル
(ジェル)
5.6 4,492円(税込)
送料無料
(いつでも解約可)
50g
1ヶ月分
イオントNS(浸透力)
3種のコラーゲン
詳細
プードル・プレシューズ プードル・プレシューズ
(粉末)
5.6 6,680円(税込)
送料無料
(3回の継続)
4g
1ヶ月分
微細粉末コラーゲン
海草エキス
ラン藻エキス
ビタミンC
詳細
PCリペアゲル Wセラム PCリペアゲル Wセラム
(ジェル)
5.5 3,690円(税別)
送料無料
(3回の継続)
50g
1ヶ月分
アルブチン
セリシン

ヒアルロン酸
エラスチン
コラーゲン
オウゴン
アロエベラ葉
カンゾウ根
マグワ根皮
カッコン
カワラヨモギ
ナツメ果実
クロレラ
キイチゴ
詳細
miniuru(ミニュール) miniuru(ミニュール)
(ジェル)
5.5 4,800円(税込)
送料無料
(いつでも解約可)
50g
1ヶ月分
エモリエントヴェール
ヒアルロン酸
シルク
ポリグルタミン酸
フラバンジェノール
アスタキサンチン
アルガンオイル
セイヨウオオバコ種子
プラセンタ
ローヤルゼリー
ダイズ
ソメイヨシノ葉
詳細
 

肌のたるみの原因とセルフケアについて

画像2

顔にたるみがあると実年齢よりも老けてみえてしまうので、保湿化粧品などで早めの改善をすることをおすすめします。

 

肌の弾力がなくなると、自重で垂れ下がり、たるむ原因になりますが、弾力の減少はなぜ起きるのでしょう。

 

紫外線A波と、紫外線B波が、お肌のたるみの要因の一つになっています。

 

肌の弾力の元となっているコラーゲンやエラスチン等の成分は、紫外線A波が肌の深層に届くと壊れてしまい、もとの性質を失ってしまいます。

 

肌老化の下人の70%は紫外線の影響だといわれているので、保湿化粧品をしっかりとしましょう。

 

生活習慣の乱れも肌のたるみが発生してしまう原因となります。肌の修復は寝ている間に行われるので、睡眠時間が不足すると肌のたるみの原因になります。

 

ビタミンCやたんぱく質が体内に供給されると、それを原材料にして肌の弾力の元になるエラスチンやコラーゲンがつくられます。

 

新しい肌の細胞をつくるための栄養は、食事等で補給しなければなりません。

 

子供の皮膚はエラスチンやコラーゲンが多く、そのせいでふっくらとしたなめらかな肌をしています。

 

コラーゲンやエラスチンは加齢にともに減少するので、年齢を重ねるとともにたるみが気になるようになるのです。

 

たるみの原因はさまざまなので、改善をするには保湿化粧品から対策をすることがおすすめです。

肌のたるみを改善するには内側からのケアがおすすめ

画像3

肌のたるみの原因は、真皮層に存在するコラーゲンやエラスチンの減少です。

 

保湿化粧品によってコラーゲンを与えれば、肌のたるみが改善すると考えられていますが、限界があります。

 

コラーゲンは分子量が大きい成分ですので、保湿化粧品などで肌につけてもなかなか真皮層に浸透させづらいというネックがあります。

 

お肌のコラーゲンを多くするには、食事を変えるのがおすすめです。鉄、ビタミンC、たんぱく質になをを摂取することで、コラーゲンの増量が可能です。

 

日々の食事内容を改めることによって、生き生きとした肌になり、たるみにくくもなります。

 

ダイエットをしている女性は、タンパク質の多い食品を控えることがよくあります。

 

カロリーの摂取量を気にして、肉や魚などタンパク質が多い食品を控えているのであれば、大豆製品がおすすめです。

 

大豆加工品は比較的カロリーの低い食べ物ばかりですので、ダイエットをしている時でも強い味方にになってくれます。

 

水に溶け出す性質があるビタミンCの場合、一気に大量のサプリメントを飲ませようとすると、使い切れなかった分は出ていってしまいます。

 

体外から鉄分が出ていく機会が多い女性の場合、普段よりも鉄分が欲しいというリクエストもしも、肌のたるみを解消し、ハリのあるみずみずしい肌になりたいと思っているなら、まだは食事内容の見直しに取りかかるといいでしょう。

気になる肌のたるみの原因と対策について

画像4

年齢を重ねると、人の見た目は年をとって見えるようになります。その理由は様々ですが、肌のたるみが目立つことも、大きく影響しています。

 

加齢と共に肌がたるんでくることはどんな人にも共通していることなので、保湿化粧品を使用して、肌をたるませたくないという人は少なくありません。

 

お肌の仕組みを知り、何が原因でたるみが現れるのかを把握することが、たるみ対策の基本です。

 

なぜ肌がたるむのかはいくつかの理由がありますが、その中に年をとって容色が変化するということがあります。

 

紫外線が皮膚に照射されると肌の細胞に影響を与え、老化を促しますので、紫外線を遮ることがおすすめです。

 

紫外線の中のUVAというものは、肌の内部にある線維芽細胞にダメージを与えてしまうことが分かっています。

 

コラーゲンや、ヒアルロン酸といった肌の美容成分は繊維芽細胞でつくられていますので、紫外線による破壊は食い止めなければいけません。

 

繊維芽細胞から、新しくコラーゲンがヒアルロン酸を生成する時に消費される栄養素は、食事などで多めに取り入れることをおすすめします。

 

肌のたるみができやすいのは、食事の不摂生と、慢性的な睡眠不足等で、繊維芽細胞が十分に働かなくなってしまうことにあります。

 

睡眠時間の確保が十分でない人や、不健康な食事をしていると、肌荒れが起きやすくなりたるみもふえます。

 

何が原因で肌のたるみができているかを知れば、その後は原因をじっくり解明して、対応策をとるだけです。

 

日焼け止めや日傘などのアイテムで紫外線から肌を守ることや保湿化粧品を整えることで、たるみの予防や改善に効果が期待できます。